「イベント託児」はマザーズの登録商標です。商標登録第5168303号 *企業メセナ協議会準会員

コンサート・演劇から美術館まで。お子様はイベント託児マザーズが会場でお預かりいたします。
お子様の安全を最優先したマザーズの託児サービス。
0歳児・ハンディのあるお子様は1名に対し保育者1名、
1歳児は2名に対し保育者1名、2歳児以上のお子様には3名に対し保育者1名
を配置します。安心してお楽しみください。

ごあいさつ

 

 

昭和62年にマザーズ・インク(株式会社マザーズの前身)をはじめました。
コンサートホールや劇場のなるべく近くで子どもを預かってもらえないかしら? と子育て中に考えました。
「わが子を預けるならこうして欲しい!」という思いからはじまり、試行錯誤しながらイベント託児のシステムをつくりあげました。

マザーズの考えるイベント託児には、独自の様々な規定があります。
例えば、マザーズのイベント託児では、0才児や障害をお持ちのお子様なら子ども1名につきシッター1名、1才児は2対1、2才児以上は3対1の割合で託児シッターを配置し、安全面に充分な配慮をします。
他にも食物アレルギーにも配慮し、お子様1人1人のアレルギーの有無を予約時に確認し、受付時にも必ず保護者様に再度確認をとります。
このように、様々なアクシデントから子どもを守るマザーズの『イベント託児』のシステムが一時託児の代名詞として定着し、あらゆるコンサートやイベント文化に広がることがマザーズの願いです。

そしてこの程、これまで築いてきた信頼を維持する趣旨で、マザーズの託児システム「イベント託児」に、特許庁より商標登録を頂きました。<商標登録第5168303号> 法的規制の無い「託児」という分野に「安心と安全を基準としたシステム」を日本国内に広める使命を感じております。


株式会社マザーズ 代表取締役社長 二宮 可子




ハフィントンポスト記事へ
 (ハフィントンポスト日本語版 記事より)